2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年6月 8日 (木)

天竜T.S.ドライシステム協同組合 創立総会

Img_0473 6/8(木)「天竜T.S.ドライシステム協同組合 創立総会」が、浜松市の最北端、水窪町内で開かれました。組合員はT.S.ドライグループのメンバーです。

水窪町の第3セクター製材工場、「フォレストみさくぼ」の事業を引き継ぎ、共同加工、共同販売を軸に「新月伐採の木」をお客様に知っていただくための拠点になります。

今後は生産だけでなく、与作ツアーやPRの場として活用していく予定です。

2006年6月 5日 (月)

新月材住宅 上棟!

  Img_0443_edited                                                     6/1~6/3にかけて、新月材を使った住宅の上棟がありました。

昨年9月の与作ツアーでお施主様自身が伐採した約90年生の檜を、12月まで山で葉枯らしした後、製材した製品を風雨にさらし天然乾燥。その後屋根下で熟成させた材は、新居の大黒柱として生まれ変わりました。

また、桁や梁に使用した天竜杉はすべて履歴がわかるImg_0439_edited_1ようになっています。

大切に管理してきた材が、お施主様と長い年月を歩んでいくことになると思うと、なんだか感慨深いですね。

2006年6月 3日 (土)

新月の木国際協会 総会

Img_0404_1 5/28(日)、東京都千代田区「千代田プラットフォームスクウェア」で、新月の木国際協会第二期総会が行われました。T.S.ドライグループからは、石川、榊原、森下が出席しました。

総会後は、元明治大学工学部教授の藤井石根氏の講演会があり、一般の人も大勢参加しました。

また、新月期(下弦から新月の直前までの間)と、満月期(上限から満月直前まで)に摘んだお茶をそれぞれ試飲してもらいました。満月期5/8(満月の5日前)と、新月期5/21(新月の6日前)のお茶を飲み比べてもらったところ、約80%の人が、

「新月期のお茶の方が味がまろやかだ」

「満月期のお茶の方が渋みが強い」

という感想でした。たくさんの人が、味の違いを感じたということは、月の満ち欠けが深く関係しているのだと思います。月の不思議な力がまたひとつ見つかりました。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »